FC2ブログ

Entries

モンスターの属性耐性(%)について

他サイト様含め、今までに判明している属性3段階
の追加ダメージ値(以下「属性値」)のデータを基に
モンスターの属性耐性(以下「属性%」)を推測
できないかと思いました。

無駄に長くなったので適当に読んでください。

仮定
1.属性値9(属性%-80~-99)は存在しない
2.属性値は段階的に設定されている
3.属性値5に属性%は2段階存在する

1は今回の推測のきっかけなんですが、「狩場ごとの~」
で有名な某サイト様のデータに属性値9のモンスターが
まったくないのが気になった次第です。
2について根拠はありませんが、これが無いと
推測のしようがないので…。
3はウィークエレメンタルで属性値5の属性が複数ある
モンスターについて結果が火>水>風>地に反する
場合があるので。

推測
①属性0%を基準に20%刻み
属性値012345678910
属性%100806040200-20-40-60-80-100

これだと仮定1、3に沿わないので
①’①を10%ずらし、±90%を±100%にずらす
属性値012345678910
属性%10070503010-10-30-50-70--100

これで属性値5に属性%0を補完すれば一応
仮定は成り立ちます。

②1/6刻みで±5/6だけ除外
属性値0123455678910
属性%100675033170-17-33-50-67--100

①’よりは自然な数値ですが間隔が広い気が。

ここで属性耐性の係数について思い出し、
仮定4.モンスターについても係数で設定されている
として考えると。

③係数6刻みで±30を±32にずらす
属性値0123455678910
属性%100755638190-19-38-56-75--100
係数3224181260-6-12-18-24--32


等間隔に近づき、仕様的にもわかりやすい。


ここまでの推測を絞り込めればと、属性値1、3の
モンスターにEFDをかけた際の属性値について
調べてみました。

結果
属性値1→3
属性値3→6

細かい計算は省きますが、仮定①’、②、③に
この2つを満たすものがありません…。

ところが、この結果を満たす属性係数を確認すると
興味深い数値になりました。
属性値1でEFDをかけて属性値3になる係数23~25
↑からEFD分16を引いた係数7~9
属性値3でEFDをかけて属性値6になる係数7~9
↑からEFD分16を引いた係数-9~-7


中2つが同じ事からわかるように属性値1、3、6が
きれいに16刻みになり、また8刻みにした場合に
属性%0、50、100に重なる係数が存在することから。

推測④係数8刻みとし、係数±4を補完する
属性値0123455678910
属性%10075502512.50-12.5-25-50-75--100
係数322416840-4-8-16-24--32


実験結果も含めきれいに纏まったので、
それなりに信憑性の高い数字のような
気がしますがどうでしょうか。


------------
おまけ(各属性攻撃の追加ダメージ予想)
属性%10075502512.50-12.5-25-50-75-100
属性2段00122333456
FW01233445678
BW,SS0134566791012
属性4段01356778101214
属性5段0246791011131518

スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://0team.blog.fc2.com/tb.php/14-d97d72db

トラックバック

コメント

[C5] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する